Griffin Technologyの入力デバイス PowerMate

「あると便利だけど、なくてもそれほど困らないもの」というのがあります。私にとっては、これがそうです。

pm01

PowerMateはUSBでPCに接続する入力デバイスです。上の部分で回転と押し込みができます。デフォルトではサウンドの音量調整ができますが、アプリケーションごとにキー入力やスクロールなどの動作を設定できます。

pm03

役に立つのは、クリエイティブ系の作業のときでしょう。たとえば映像や音声の編集でタイムラインの時間軸を大きく変化させたい場合、PowerMateで左手で操作できるようにしておくと快適です。

pm02

このガジェットの価値は、便利さよりもその質感でしょうか。この種の入力デバイスで、アルミニウム削り出しのボディを持つものは、そうそうありません。一般的にはコストダウンのために、樹脂に金属風の塗装をほどこすのがあたりまえなのに、あえて金属を使うところにこだわりを感じます。

操作するとひんやりした感触が手に伝わってきます。もう7、8年使っていますが、今でも古びた感じはありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク