ナチュラルテイストな置き時計

デザインのスマートさを特に意識して制作しました。ドットマトリクス液晶で時刻と日付を表示する置き時計です。

線の細さとやわらかさを表現した筐体デザイン

cal-02

筐体の材料は厚さ6mmのタモ無垢材です。前面パネルは厚さ1mmのヒノキ薄板を2枚貼り合わせてから、表示部をくりぬいています。

cal-03

筐体の高さは、液晶ディスプレイユニットがぎりぎり入るところまで低くしています。天板のひさしをR面取りしているのがおわかりでしょうか。線の細さとやわらかさを表現しています。

ねじ頭のでっぱりがない

cal-05

背面と底面の写真です。ねじ穴はすべて皿もみ加工しているので、ねじ頭のでっぱりはありません。背面パネルの材料は乳白色のアクリル板です。

cal-04

木の表面はホワイトステインで染めています。その後サンディングシーラーで表面を整えて、仕上げでウレタンニスを3回塗りました。

2011年の作品です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク