ソナス・ファベールのスピーカースタンドのようなものを作りたくて

DIYで作ったスピーカースタンドです。1995年頃の作品です。当時はオーディオにかなり凝っていた時期で、外国製のスピーカーのカタログをよく眺めておりました。

その中でも、ソナス・ファベールの「スタンド・コラム」という名のスピーカースタンドが格好良くて欲しかったのですが、高すぎてとても手が出ませんでした。そこで、同じようなものを作ってやれ、と思って作ったのがこのスタンドです。
高さは60cmで、天板の大きさは約20cm角です。木は厚さ20mmのシナベニヤを使っています。大まかな切断は、東急ハンズのカットサービスを利用しました。

sonus01

組み立てには釘を使っていません。天板・底板と柱の接合は木組みを使っています。下の写真のように柱の木口が天板に現れています。

sonus02

柱は上下のブロックに分かれていて、ボルトを締めてくっつける構造にしています。オリジナルのスタンドはボルトの付け替えでスタンドの高さが変えられるはずですが、この作品では高さは固定です。

仕上げはオーク色の着色ニス。塗り方はちょっと甘いところがありますね。

sonus03

このスタンドとボーズのスピーカー「Model 121」との組み合わせで約10年間、活躍しました。今は観葉植物の置き台として、実家で余生を過ごしています。

sonus04

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク