フィリップスのウェイクアップライト HF3520

私は毎朝4時に起床する習慣があります。早朝はまわりの環境が静かで、考えごとをするのに最適な気がするからです。ただ起きる瞬間というのは、いつになってもつらいもの。どうすれば気持ちよく起きられるかを試行錯誤してきました。

結局行き着いた目覚まし時計が、このフィリップスのウェイクアップライト HF3520 です。

wul02

並行輸入品で17,000円(購入時)という、日本製の目覚まし時計ではあり得ない価格ですが、その分非常に良く考えた設計になっています。

まず普通の目覚まし時計では、設定時刻になるといきなり電子音のアラームが鳴り出します。あの動作は使用者にわざわざ苦痛を与えているようで不満でした。

しかし HF3520 は、小鳥のさえずりがかすかな音で鳴り出して、そのボリュームがゆっくりと大きくなるので、目覚ましでびっくりすることがありません。

さらに設定時刻の20分前(から40分前の間で設定可能)から時計に仕込まれたLEDライトが光り始め、その照度が徐々に大きくなります。自然の日の出のように、最初は橙色で光り出し、だんだん白色に変化する凝りようです。下のビデオで確認してみてください。(撮影条件の都合でフリッカーが見えます。ご容赦ください)

このLEDライトが便利で、設定時刻の前に目が覚めかけたときに、ライトの明るさを感じることで、設定時刻が近いかどうかが何となくわかるのです。いかにストレスをかけずに起こすか、という点がとても配慮されていると思います。

時計のデザインも優れています。狙ったのかどうかはわかりませんが、見る角度によっては、アクリルの内面反射が縞模様のように見えてきれいです。

wul03

背面もとてもシンプルです。

wul04

日本製の時計で当たり前の電波補正機能はありませんが、時間をかけて目覚めていく仕様のためか、時刻の正確さがそれほど気にならないのが不思議です。

前面にタッチスイッチが4ヶ所、側面に操作ボタンが9ヶ所あって、最初は操作に少し戸惑います。ただ説明書はイラストを多用した、わかりやすいものになっています。

wul05

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク