フライング・トースターをWindows 7で動かす方法(1)

トースターのコミカルな動きで根強い人気のあるスクリーンセーバー、「フライング・トースター」。このソフトはWindows 95対応なので、そのままでは最新のWindows OSにはインストールできません。ここでは、Windows 7で動かす方法をご紹介します。

●必要なもの:「アフターダーク 4.0」のCD
今でもeBayなどのオークションサイトで出品されていることがあるようです(英語版ですが)。インストールキーも必要です。

CDの中にある SETUP.EXE の互換モードを Windows 95 に変更します。

ftoast01

SETUP.EXE を実行して、セットアップウィザードを起動します。

ftoast02

適当なインストール先ディレクトリを入力します。

ftoast03

セットアップオプションは標準でいいと思います。

ftoast04

フラクタルっぽい画像がきれいです。「完了」をクリックします。

ftoast05

ここでエラーが出ます。ディスク容量の計算がうまくいかないのかもしれません。かまわず「はい」をクリックして続行します。

ftoast06

時代を感じさせるダイアログが出ます。インストールはお好みでどうぞ。

ftoast07

再起動されてインストールは完了しますが、スクリーンセーバーの名前が「選択されたモジュールをロードすることができません」となっています。

ftoast08-1

このままでは格好悪いので、少々荒技ですが実行ファイルのバイナリコードを修正します。
c:\Windows\System32 の中にある “After Dark.scr” をバイナリエディタで開きます。「選択された・・・」の文字コードが入っている箇所を検索します。

ftoast09-1

この部分を1バイトおきに「After Dark」のアスキーコードにしたものに修正します。余った部分はスペース(0x20)にしておきます。下の図を参照ください。

ftoast10-1

これでスクリーンセーバーの名前が「After Dark」に変わります。

ftoast11-1

プレビューすると、「フライング・トースター」が起動します。

ftoast12

これで動くようにはなりました。でもこのままでは、トースターの数などのパラメータの調整ができませんね。
その方法は「フライング・トースターをWindows 7で動かす方法(2)」でご紹介します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク