ウィーン南駅の時計

2003年にオーストリアで撮影しました。

この駅は2階にプラットホームがあり、地上階からゆるやかなエスカレーターで上るようになっています。そのエスカレーターの真ん中あたり、わきにあるのがこの時計です。

ViennaClock11

一見、時計には見えません。金属製の球体の中にソニー製のテレビが入っていて、女性の目のクローズアップが映っています。その目がまばたきするのですが、その様子が非常にリアルで、見ていて感心します。

十数秒に1回くらいの周期で、目がまばたきを止めて、瞳の中心にデジタルの時刻がじわーっと浮かんで、そして消えていきます。

ViennaClock12

私はこのまばたきを見るために、エスカレーターを何往復もしてしまいました。ヴェネツィア行き急行列車の発車間際に、最後に撮ったのがこの写真です。

写真の背景からわかるように、この駅には芸術作品のような広告やポスターが多く掲げられています。奇抜に見えるこの時計も、駅の雰囲気に良く溶け込んでいました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク