ワードクロックの作り方(15) 裏板に配線する

フレームの裏板に電源スイッチとDCジャック、フォトセンサを配線します。

裏板をかさ上げしているL字型材の厚さが5mmもあり厚いので、これらの部品はネジ止めで固定することができません。その代わりに、裏板に接着します。

DCジャックはプリント基板取り付けタイプのものを裏返して接着しています。DCプラグを差し込むときにジャックに負荷がかかるので、金具の押さえも取り付けました。なお、DCプラグやスイッチなどを通すための穴は、L字型材を枠状に接着する前に開けておきます。

wordc151

同じようにフォトセンサもL字型材に取り付けます。

wordc152

これで配線は完成です。

下の写真では、フレームの中に角棒が枠状に置かれているのが見えます。これは裏板を閉めたときに、裏板が沈み込まないようにするためのものです。

wordc153

(16)ACアダプタのケーブルを白くする につづく)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク