ワードクロックの作り方(5) ディフューザーフィルムを貼る

ワードクロックの作り方(4) 遮光シートを貼る」までの工程が終わった段階では、文字のある領域は透明な状態です。これで文字の背後からLEDを光らせると、LEDの形がそのまま見えてしまいます。LEDを隠して文字を均一に光らせるために、ディフューザーフィルムを貼ります。

wordc53

ディフューザーフィルムとして、3Mのスコッチカル光拡散フィルムを使います。乳半色の3635-70というタイプです。1220mm × 1000mmのものを1580円(送料別)で入手しました。品物は大きな筒に入れられて届きました。

wordc51

筒の中です。こんなにたくさんなくてもいいのですが、これが販売最小単位なので仕方ありません。

wordc52

このディフューザーフィルムを、文字が隠れるだけの大きさの正方形に裁断します。これを110枚準備します。

裁断したものを遮光シートの上に貼っていきます。フィルムがとても薄いので、きれいに並べて貼るのは難しいですが、文字の部分が隠れていればそれで十分です。しわを作らずに貼れるのなら、19cm×19cm程度のフィルムを遮光シート全体に貼っても良いと思います。

wordc53

ここまでできたものを、一度フレームの中に入れてみます。フレームのガラス板とアクリル板を通して、カッティングシートが良い感じに映っています。

wordc54

(6)樹脂板に110個の穴を開ける につづく)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク