100円未満で作ったケーブルボックス

USBで充電する機器が増えて、デスクの上はケーブルで乱雑になりがち。でも市販のケーブルボックスは、たいした作りではないわりには高価ですね。そこでケーブルボックスを自作しました。材料は手頃な大きさの紙箱だけ。作り方はとても簡単です。

cablebox05

手持ちの紙箱を使いました。サイズが幅18cm×奥行12cm×高さ3cmで、ふたが中箱を覆うような形です。表面に黒紙が貼ってあります。

ふたの両側面2カ所と、中箱の両側面2カ所に切り込みを入れます。ふたの切り込みは幅・高さともに2cmです。中箱は幅2cmで底まで切り込みます。ふたと中箱の切り込みは、ふたを閉じたときに同じ位置に来るようにします。道具はハサミとカッターナイフを使います。加工はこれだけです。

cablebox02

USBハブとACアダプタでごちゃごちゃしていましたが・・・

cablebox03

ケーブルボックスにこんな感じでしまえます。

cablebox04

デスクの上がきれいに片付きました。

cablebox01

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク