ワードクロックの作り方(1) フレームと樹脂板の入手

ワードクロックの作り方を記事にしようと思います。まずはフレームと樹脂板の入手です。

wordc11

フレームはある程度の厚みがいります。フレームの中にLEDや回路基板を収納する必要があるからです。私が使ったのは「オリジナルフォトフレーム」という製品名で、ナチュラル色のものです。

内部の深さは3cmあります。後述しますが実はこの深さでも足りなかったので、収納部分をもっと深く取れる加工をしています。縦横の大きさは20cm×20cmです。価格は画材店で2000円程度だったと思います。

wordc12

準備した樹脂板は2枚です。1枚は厚さ1mmの透明アクリル板で、文字表示用のカッティングシートを貼るのに使います。もう1枚は厚さ2mmの白色発泡塩ビ板で、LEDとリフレクターを固定するのに使います。サイズはどちらも200mm×200mmです。カットサービスもしてくれる業者さんに注文して、購入しました。

wordc13

(2) カッティングシートの図案作成につづく)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク