ワインコルクを使ったメモスタンドの作り方 (1)

とても簡単な工作ですが、メモスタンドを作りました。結婚式などのカードスタンドとしても使えると思います。作り方は次の通りです。

材料はワインコルクとメモクリップです。メモクリップは何かのノベルティから外したものですが、良く似たクリップがセリアでも入手できます。3本100円でした。

memost-01

工具です。左端の電動ミニルーターがあると便利です。千枚通しよりも簡単に穴を開けられます。カッターナイフは大型の方が、刃がぶれないので使いやすいです。

memost-02

まず、コルクの底面の向きを決めて印を付けます。メモスタンドの置き場所を想像して、コルクの柄がよく見える向きにすると良いでしょう。

memost-03

コルクの切り始めの位置を決める線を引きます。切断する部分を小さくするともとのコルクらしさを残せますし、大きくすると安定した設置ができます。

memost-04

切断途中の目安となる線を引きます。コルクが丸くて動きやすいですが、しっかり押さえましょう。

memost-05

切断線を引いたところです。

memost-06

切断線を見ながら、カッターナイフで切ります。何度も細かく分けて削るよりも、できるだけ一気に切った方が切断面がきれいになります。

memost-07

#180から#320くらいのサンドぺーバーで、切断面が平らになるように整えます。切断面の角が丸くなると安定性が悪くなるので、コルクの向きをしっかりと固定して削りましょう。

memost-08

きれいな切断面になりました。

memost-09

切断面で立てると、こんなふうに見えます。この向きで机の上におけば、コルクの家のデザインがよく見えますね。

memost-10

メモクリップを仮に置いて、穴を開ける位置を決めます。メモの見やすさを考えると、クリップを若干後ろに傾けたほうが良いと思います。ただ、傾けすぎると安定が悪くなって倒れてしまうので、注意しましょう。

memost-11

決めた位置に鉛筆で印を付けます。

memost-12

穴開けです。写真では千枚通しを使っていますが、メモクリップを挿せるだけの大きさの穴を開けるのは、やや時間がかかるようです。

memost-13

電動のミニルーターがあると圧倒的に便利です。きれいな穴があっという間に開けられます。

memost-14

穴を開けたところです。

memost-15

メモクリップを差し込んで・・・

memost-16

できあがりです!

memost-17

完成品にメモを付けるとこんな感じです。クリップでとめるので、メモの付け外しがしやすいです。テーブルや机の上に1個あると便利です。

ワインコルクを使ったメモスタンド

ワインコルクを使った工作記事はこちらにもあります。

ワインコルクを使ったメモスタンドの作り方 (2)
ワインコルク2個でメモスタンドを作ってみました。コルクを切断しなくても安定に立ちます。作り方は簡単です。
ワインコルクを使ったキーホルダーの作り方
ワインコルクでキーホルダーを作ってみました。材料がそろえば5分でできる、簡単な工作です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク