夏休みの工作 星座イルミネーションの作り方(2)

箱の穴開け

星座の絵の貼り付けが終わったら、星の位置の中心に合わせて穴を開けます。やや大きめの安全ピンの先を使うと、ちょうど1mm径の光ファイバーを通せる程度の大きさで開けられます。

光ファイバーの準備

光ファイバーをカッターナイフで約25cmの長さにカットします。1mm径だと結構硬かったです。このときも0.75mm径の方が良かったと思いました。カットしたものを星の数の本数分だけ用意します。

光ファイバーと箱との接着

開けた穴のそれぞれに光ファイバーを通します。光ファイバーの端面(切断面)が、箱の表面と揃うように位置合わせします。

aqua-06-5

箱を裏返して、箱の上面の裏側から光ファイバーが出ている部分に接着剤を付けます。光ファイバーを取り囲むように、富士山型に接着剤を付けられるときれいでしょう(外から見えない部分ではありますが)。

接着剤が完全に乾く前にもう一度、表側を確認して、光ファイバーの端面の位置がずれたようであれば微調整します。

aqua-05

箱の上面の裏側は下の写真のような感じです。接着部があまり良く写っていないのは、透明の接着剤(セメダイン スーパーX2 クリア)を使ったからです。

aqua-06

照明側の光ファイバーを束にする

接着剤が固まったら、光ファイバーのもう一方の端を切断します。およそ7~8本を束にしてテープで巻き、束の中の光ファイバーの端面がほぼ揃うように、カッターナイフでカットします。束を一度に切るよりも、光ファイバー1本ずつの方が切りやすいようです。

下の写真では3束にまとめたものと、1本だけまとめずにおいたものがあります。その1本で1等星の星を特別明るく光らせます。

aqua-12

(3)につづく

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク